視える喜びを、あなたにも。

視力の低下

実績豊富で相談も気軽にできる医院でレーシック治療を行ってみませんか?短期の手術もできるので視力低下している方は利用しましょう。

現代人は昔と違ってテレビ、ゲーム携帯電話、スマートフォン、パソコン、タブレットと目にあまり良くない影響を及ぼす機器に囲まれています。非常に便利ではありますが、利用を続けていれば自然と視力の低下を引き起こしてしまいます。中には視力の低下が起こらない強靭な目を持っている人もおりますが、多くの場合多少なりとも視力の低下はおこってしまうのです。
どうして視力が低下しているのかというのは解明されていますが、何をすれば視力が落ちてしまうのかという具体的な問題についてはまだまだ解明されていません。夜中に真っ暗な部屋でゲームをしていても平気な人もいれば、本を読んでいるだけで視力が低下してしまうような人もいます。
人間の視力が低下してしまうのはピントのズレが関係しています。
目というのは筋力が支えているレンズによってものが見えるようになっています。この筋肉が緩んだりしまったりすることでピントがあい、ものが明確に見えるようになっているのです。しかし、視力が低下してしまうとピントをあわせる機能ではなくレンズ自体がズレてしまうようになり、それでどう合わせても視界がぼやけてみえなくなってしまうのです。
メガネやコンタクトレンズというのはズレたピントをレンズで補正し、正しい焦点へ持ってくるために利用するものなのです。これを使えばだいたいの視力矯正はできるようになりますが、目の疲れや乾燥というようなデメリットが存在するようになります。
元々から目が良い人、ピントがズレにくい人は良いのですが、最近では大人から子供まで多くの人が視力低下の問題を抱えています。

低下した視力を元通りにする方法にはメガネをかける、もしくはコンタクトレンズを利用する以外に方法がありませんでした。しかし、最近ではレーシック治療というのが注目を集めるようになってきました。レーシック治療とは目にレーザーをあてて視力が低下したぶんレンズを削り、強制的にピントが合うようにする治療です。登場当初は目に直接治療をするということを怖いと感じている人も多かったのですが、実際に利用してメガネやコンタクトレンズを利用することなくものが見えるようになったことで得るメリットのほうが良いと感じている人が増え、利用者も年々増加するようになってきました。
レーシック治療は目のレンズをけずり、メガネをかけているような状態にする治療であり、目の内部へメスをいれてどうにかするという治療ではありません。
ですから、安心して治療を進めて頂けますし、視力の低下をだまって感じているだけでなくとも良いのです。
コンタクトレンズなどが利用できなくなるわけではありませんから、ファッションでカラーコンタクトをつけたいという人もレーシック治療を利用して頂けます。

トピックス

視力矯正器具を利用するデメリット

レーシックを利用することでメガネやコンタクトなどの治療器具が必要ではなくなります。それによって様々な利点があるのです。これまで目に問題があったためにコンタクトがつけられなかった人でもこの治療によって視力を回復できます。

もっと読む

どうして視力は落ちるのか

なぜ人間の視力は低下し、レーシック治療が必要となってしまうのかという問題ですが、原因は様々な所に存在しています。また、視力が低下しやすい人と低下しにくい人というのが世の中には存在しており、遺伝子的な問題も関係しています。

もっと読む

手術の方法とは

レーシック治療の方法はいくつか種類があり、その人の目に合わせた形で治療を進めていくようになっています。目の形や厚みも人によって違いますから、それに合わせた形で治療をし副作用や効果の減退が起こらないようにしています。

もっと読む

術後の注意とは

治療をすればそれでレーシックは完了というわけではありません。術後の目は普通の状態よりも敏感になっていますから、余計な負担をかけないように注意する必要があります。病院の先生がアフターケアについてしっかり対応してくれます。

もっと読む