術後の注意とは

レーシック治療をした直後は様々な注意事項があります。術後すぐだとフラップといわれる切り離した目の表面がくっついておらず、むやみに外に出ればトラブルの原因となってしまうこともあります。目は非常にデリケートな部分ですからレーシック治療後はしっかりと注意しておく必要があります。まず、運動は1ヶ月経過して医師から許可がでなければしてはいけません。汗、ほこりというようにスポーツをするとレーシック治療後の目に悪影響があるかもしれない物質が入ってくる可能性が上がります。とにかく術後はとことん目を保護し、gホコリや汚れが入らないようにしてください。
また、ボールを利用したスポーツの場合はそれが目にあたってしまう可能性もありますから、とにかく危ないことはしないようにしてください。

次に化粧ですが、これも目元を避けるようにしておく必要があります。できれば1ヶ月程度はなにもしないことが理想ですが、女性の場合そうはいかないこともあるとは思いますから、目に何かが入らないようマスカラなどは避けて化粧をしてください。
目をこすったりする行為は1週間程度禁止となります。それによって癒着していないフラップがズレてしまうこともありますから、注意しておく必要があるのです。

本を読んだり長時間のパソコン仕事などもレーシック治療後は避けるようにしてください。1周間は絶対ですが、1ヶ月程度様子をみることができるのならしっかりと目を休ませることが必要です。