どうして視力は落ちるのか

なぜ人間はレーシック治療が必要となってしまうのか、それはピント調整ができなくなることで起こります。人間の目は筋肉が動いてピントを合わせてものをみています。しかし、そもそもピントが存在している位置がズレてしまうことにより、筋力は問題なくとも視力が落ち込んでくるようになるのです。これはどんな対応をしようとも治療できるものではありませんし、どこがどうなってピントがずれてしまうのかという問題に関してはまだ解明されておりません。
老眼は上記の作用によって問題が発生しているのではなくピントはあっていたとしてもレンズをささえている筋肉の力が低下することによって問題が出ています。
老眼の場合は今のレーシック治療をもってしても治療できません。レーシック治療というのはレンズに少々手を加えることによって視力を回復させようという治療であり、筋力をどうにかしてくれる治療ではないからです。
ですから、若いうちにレーシック治療をしておけば、メガネやコンタクトに振り回されるような生活をしなくてよくなります。

メガネやコンタクトというのは思っているよりも面倒ですし、これらを利用していることによって弊害が出ることもあります。レーシック治療ならばその不安はありませんし、目に何かを入れなければさっぱり周りが見えないというようなこともなくなります。
震災などがあった場合、レーシック治療をしていればそのまま逃げられますが、もしメガネやコンタクトが必要な場合に見つからなければ逃げるのに遅れを取ることもありますし、脱出できたとしてもその後の生活で困ることになります。
緊急時にも焦る必要がないように、レーシック治療を利用して視力を正常な所にまで戻しておくことをオススメします。