手術の方法とは

レーシック治療治療には決められた手順があります。安心して医師へ任せて頂けますから、不安や痛みはありません。まずレーシック治療をする場合にはしっかりとその施術が可能であるかどうか、フラップといわれる目のレンズ部分には問題がないかを調べます。レーシック治療をしても問題がないと分かったあとは点眼による麻酔をし、フラップといわれるものを作ります。
これは目の表面を特殊なレーザーによって切り拓き、フタのように取り外しができるようにする手段です。当然痛みはありませんし、麻酔をしているので問題もありません。リラックスした状態で手術を進めていただけます。
レーシック治療で開いたフラップ部分は最後に閉じますが、そのまま放置していれば簡単にズレたりすることはありませんし、時間の経過で勝手にくついてくれますから問題はありません。
フラップを開けたらそこからレーザーをあて、その人の視力分レンズを矯正していきます。そうすることで裸眼なのにメガネのレンズを通してものを見ているようになり、レーシック治療によって視力が回復したという状態になってくれるわけなのです。
これでレーシック治療は完了となり、後は消毒をしてフラップを元通りにすれば帰れます。
メイクや激しい洗顔やエステなどは完全にフラップがくっつくまでオススメしません。しかし、それさえ避ければ後は普段通りの生活になりますし、このレーシック治療は術後その瞬間から視力が矯正された新しい世界が広がっています。